即決にならなかった場合のフォローが肝!

こんばんは。

女性起業家向け、お客様も納得の

ストレスフリーセールスコーチ

平野ゆうこです。

 

即決にならなかった場合のフォローが肝!

 

お客様に自分の商品を提案したけれど、

即決にならずに検討します、と

言われるケースがあると思います。

そんなときにお勧めな対応をお伝えします!

(そもそも、【検討します】という

切り返しへの対策も必要ですが・・

それは次回(^^)

 

 

今回は

対面での提案の設定でお話しますね。

※メルマガやfb、ブログでの提案もあると思いますが、

考え方は活かしてもらえると思います!!

 

 

まず、即決が難しいという回答をもらった場合、

 

■いつまでに返事をいただけるか

 

を確認することがとても重要です!

 

これを決めておかないと、

なんとなくお客様もズルズル検討になり

見送りになる可能性があるからです。

 

どのくらいの検討期間が必要なのか、

そしてそれはなぜなのかを

さらりと聞けるといいですね。

 

その理由を聞けると、あとのフォローも

しやすくなります。

 

 

そして、

例えば1週間の検討期間となった場合、

 

■期間の途中でお客様に進捗確認をする

 

ことがおススメです!

(ただし、PUSH感が出ないように注意です!!)

 

「その後いかがですか~?」

「ご主人と相談されるとのことでしたが、

反応はいかがでしたか?」

何か悩まれている、不安になっている

ポイントはありますか?

 

と、状況をヒアリングします。

 

懸念材料が聞ければ、ラッキー。

 

それを払しょくしてあげるように

アドバイスや提案をすればクリアになります。

 

そうすることで、ただ1週間まっているより

OKをいただける可能性もグンとあがりますよ!

 

なので、ブログなどでの告知の際も、

「残り〇枠!!」という緊急度上げる

告知も大事なのですが、

 

それに急かされないタイプの方も

いらっしゃいますので、

 

悩んでいる方や質問がある方が遠慮なく

質問できるような導線

(メッセンジャー、LINE@など)

や雰囲気を用意することも

大事かなと思います!

 

あるいは、ターゲットとなる方が

悩むポイントを推測して

メルマガやブログで

そのポイントを払しょくするような

メッセージをする

のも効果的かと思います。

 

是非おためしください☆

 

 

シェアいただけると嬉しいです♪