“話すこと”は技術である⇒つまり、誰でもできる

こんにちは。

お客様も納得の

ストレスフリーセールスコンサルタント

平野ゆうこです。

 

プレゼン、セミナー、

ダイレクトセールスでの

“話し方”について。

 

なかなか上手く話せないな・・

と悩む方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、“話が上手い人”とは

どういう人なのか。

 

それは

聞き手の関心を惹きつける、魅了する

そしてそれを話の最後まで継続させる

そんな人なのかなと思います。

 

 

もちろん、天性で

それができる人もいると思います。

では、天性でできなければ

諦めるしかないのか・・

 

当然そんなことはありません(笑)

 

話すことは技術。つまり技術を身に付ければできる

 

話が上手な方の特徴の1つとして

【話に抑揚があること】

ということが、よく言われます。

 

抑揚って、具体的にどんな感じ?

と思うかもしれないですね。

*****************

ポイントは

 

◆強弱があること

→文章、あるいは単語ごとに

大きな声で話したり、小声になったり

声のトーンが変わったりします。

 

◆話のスピードを変える

→1文話すだけでもつい同じ速さで

しゃべりがちですが

小節、単語ごとに話すスピードを

変えるだけでも抑揚になります。

大事なところはゆっくりと話すと

注意して聞いてもらえます。

 

◆間(沈黙)をつくる

→文と文の間は少し時間を

はさんでみることをお勧めします。

 

流れるように話していると

聞き手側も流れるように聞いてしまいます。

頭の中に残りづらくなるんです。

 

また、

あなたの話に集中して聞いてもらえて

ない兆候があるときにも

しばしの間を入れるのがおススメです。

*****************

 

いかがでしょうか?

あなたはこれらのポイント

できていますか?

 

思い出してみてください。

カリスマ女性起業家の方は

セミナーや音声動画などで

これらのポイントをつかんだ

話し方をしていると思いませんか?

 

あと、個人的には

最近芸能界で話題になった

「松居一代さん」

のyou tube動画!

あの深刻な内容

良し悪しは置いといて(笑)

なんだかぐっと引き込まれたなと

思っています。

さすが女優さん。

このポイントがっちり押さえてます!

 

私も最初は会社のプレゼンや商談でも

とにかく伝えたいことがあって

ぶわーーーっとノンストップで

話してしまったり

まるで機械のように話していたり

心が入ってなかった(ように見えた)です。

 

でもこのポイントを押さえるだけで

だいぶ上達しました!

 

話すことは技術(スキル)です!

コツをつかんで上達していきましょう(^^

聞き手のお客様の満足度もUPしますよ!

 

 

 

シェアいただけると嬉しいです♪