【30代バリキャリOLが起業を決めたストーリー ④がむしゃらな20代】

おはようございます。平野ゆうこです。

バリキャリOLが起業を決めたストーリー

ここまでの過去記事はこちら↓↓

 

====================

【30代バリキャリOLが起業を決めたストーリー ①プロフィール】

【30代バリキャリOLが起業を決めたストーリー ②なぜ安定企業を求めたのか】

【30代バリキャリOLが起業を決めたストーリー ③NOT大卒で大企業へ】

 

====================

 

パワフルに走り続けた20代

 

念願のリクルートでのバリキャリ生活。

 

と言っても、

 

決して最初から

 

【仕事できる人】

 

ではなかったんです。

 

 

 

むしろ、手のかかる新人でした。

(自称・他称 笑)

 

営業のイロハも分からなければ

マーケティングもはてな。

 

確か、入社した2011年は、

東日本大震災があった年。

 

(実はこの震災の影響で私の入社も遅れました。

前職の航空会社での対応に追われたり、

リクルートの面接も日程変更になったり)

 

節電が強化され、

夜20時には帰宅することがルール化。

そのため、みんな朝早くに出社して

仕事をしていたのを覚えています。

 

朝7時から当時の教育担当の先輩と

企画書チェックと商品説明ロープレ・・

 

朝が苦手な私は、

7時に出社して、そこから企画書印刷したり

ロープレの準備したり

 

先輩激怒”(-“”-)”

 

そのくせ、やたら態度はでかく。

なんくせつけたり、言い訳したり、

指導を受けるとふてくされたり・・

 

と、ビジネスマンとしての基礎も

ままならない人間だったんです。

 

今、マネジメントする側の人間になり

当時の自分が恐ろしく見えます・・

先輩ごめんなさい!!(笑)

 

そんな私なのに

会社の上司・先輩・仲間が

見捨てずに育ててくれました。

 

リクルートは単なる営業会社ではなく

マーケティング会社でもあり、

広告屋でもあり、、

 

(リクルートってなんの会社?と

聞かれると、実は一言で言い表せないと

よくいいますね)

 

とにかくいろいろなスキルを

経験を踏みながら身に付けていきました。

 

研修制度も非常にしっかりしており、

仕事しながら学べる、

本当にありがたい環境です。

 

問題児の私も

2年目、3年目と年月を重ねていき、

徐々にではありますが

慣れてきて、成果も出だして

大きな仕事も任せてもらえるように

なりました。

 

 

私の部署は新規取引営業ではなく

長くお付き合いいただいている

クライアント様への継続提案営業がメイン。

 

そのため、集客や業績改善のための

コンサルティング要素も多く含んでいました。

頭を常にフル回転させて足も動かす、

というハイパーな仕事です。

 

1人での取引額規模も大きく

(毎年億単位)

責任も重大です。

 

クライアント様へ効果をお返しすることができず

思いっきり怒られ、

売り上げも下がり、

精神的にかなり辛い時期もありました。

それが身体の不調として出たりもして。

 

でも、20代の私はとにかくパワフル!

 

多くのストレスを抱えながらも、

 

この会社で働けること、

スキルも上がっていくこと、

クライアント様に貢献できること、

TVに出るような有名な社長と商談できること、

カスタマーに幸せを提供できること、

評価されること、、、

 

そして

しっかりお金を稼げること。

 

 

【安定した大企業で働きたい】

 

と思ってきた私は、

 

ただただ、

 

 

うれしくてうれしくて!!

 

「私、バリキャリしてる~!」

ウキウキ。

 

忙しく働いている私、かっこいいねと

心の中で思ったり。

 

毎日が充実した日々だったんです。

 

でも、この数年後

 

【コップの水が溢れる】

 

ような感覚を体験し、

 

自分の人生を

 

考えさせられることに

 

なるのです。

 

 

続きは次回(^^

 

★平野ゆうこfacebookページはこちら

 

 

シェアいただけると嬉しいです♪